外付けhddが故障した時には|復旧の方法

媒体を破壊してデータ削除

PCとスーツの人

ディスクに穴を開ける

パソコンのデータ消去を完璧に行いたいという場合、ハードディスクを取り出してドリルを使ってデータが記録されている円盤に穴を開けるという方法を選ぶ人が多いです。なぜ、この方法が人気があるのかというと、第三者によるデータも読み出しが完全に不可能になるからです。ハードディスクの完璧なデータ消去は、ランダムなデータを何回も上書き保存し、最後にフォーマットを行うという方法も人気がありますが、この方法だと、第三者がハードディスクを入手し、データを読み出す可能性がわずかながらあります。穴を開けて壊してしまえば、個人がデータを復元することはまず不可能ですし、データ復元を行っている会社に持ち込んでも読み出せる確率はほぼゼロです。

専門業者に頼む方が安全

では、パソコンのハードディスクを破壊してデータ消去を行う場合の注意点にはどのようなものがあるでしょうか。まず、個人で行うのはできるだけ避けた方がいいでしょう。ドリルはホームセンターなどで購入することが可能ですが、穴を開けている最中に破片が飛び散ってけがをしてしまう可能性があるからです。もし、個人で穴を開けるのであれば、ハードディスクのカバーを取り外すためのドライバー、そして、破片から目を守るためにゴーグルを用意しましょう。安全な方法は、パソコンのハードディスクにあるデータ消去を請け負っている業者に送付し、穴を開けてもらうというものです。一つのハードディスクにつき、1000円程度で済みます。もちろん、壊してもらう場合は利用者がハードディスクをパソコンから取り出す必要があります。